『磯を落ち、舞う百合。』

この作品は「黒」と「白」の画と文章で構成されています。
一見それぞれが関係のない言葉と画の並びに見えますが・・・
画をよーーく見てください。
下段の「白」の画は、上段の「黒」の画を白黒反転し、それを180度回転したものになっています。
そして、その隣りの文章を逆さまから読んでみると、
「いそをおちまうゆり⇔りゅうまちをおそい」と画に合っている文章になっています!
画は手刷りの活版で、回転している文字は空押しです。

制作者:鳥越眞生也

2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。