『子象圖(ねぞうず)』

江戸時代中期の京で活躍した絵師 伊藤若冲の「白象群獣図」の白象が描かれた掛け軸・・・
しかし、近くによって見ると、多数の鼠の絵によって描かれた平面充填紋様であったことが分かります。
そして実は、この鼠も、同じく若冲の「鼠婚礼図」の鼠二態なのです。
「鼠=子」によって構成される「象」の図柄、よって「子象圖」です。
作品の大きさと緻密さは、ある種の迫力を醸し出しています。

制作者:鳥越 眞生也

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。